「下取り」より「買取」が高値になる理由

車を買い替えようと考えている方は、決して下取りという方法で手放す必要がない事はご存知でしょうか。
確かに下取りは、楽です。1つのお店で担当してくれる方に、最初から最後まで一連の作業が行えます。しかし、下取り金額というのは、新車の購入の値引き額という形で表現されてしまいますので、車買取相場を知った時に、大幅に損をしている事が多いのです。

そうならない為にも、一度買取専門店で、査定を行う事が大切です。
最近では、大手の買取業者が、宣伝に力を入れてきた効果もあり、下取りに出すより買取店の方が高い査定額が出ると評判になり、今では、多くの方が車買取店を利用するようになっています。

何故、下取りと買取ではこんなに差が出てしまうかと言いますと、販売網の広さが影響しています。ディーラーによる下取りの場合、新車の販売はできますが、中古車の販売に関してはネットワークが整っておらず、販売できなかった場合、赤字になってしまいますので、高い査定はできないのです。

一方、買取店の最大の強みは、販売網の広さとネットワークがしっかりしている事です。業者間では、頻繁にオートオークションというものが行われますので、その市場の状況に合わせて、相場に変動が起きます。また、全国の需要状況をしっかり把握しています。もし、自分の車の需要が高まっているようであれば、必然的に、車買取額が上がるという事です。その上、店舗によって海外にも販売ルートがある店や車のブランドによって高く買い取れるという特徴もあります。業者同士で様々な方法で車の流通が行われているので、非常に活気があり、売る側にとっても買取価格に期待が持てるのです。