事故車だとあきらめる前に

車を手放す時期が来た時に、自分の車が高く買い取ってもらうように調べる方は多いです。
でも、事故車だった場合、廃車にするしかないと諦めてしまう方もいますが、実は事故車でも車買取をしているお店はあります。

廃車にはお金もかかりますので、「事故車でも買い取ってくれる業者がある」事を諦めかけていた方に伝えれば、きっと喜ぶでしょう。

何故、事故車なのに買い取ってもらえるのかについて説明します。まず、事故車と言ってもその規模は様々です。車が車としての機能失ってない状態で、事故の影響が出ていないのであれば、事故にあった部分だけ修理して、再度中古車として販売する事が可能になるからです。

この時車買取業者が提示してくる金額は、「修理費用」と「修理費用を差し引いた金額」です。廃車にするより、少しでも手元にお金が入ってくるので、うれしい事です。

では、修理しても中古車として販売できないような事故車に関してはどうなのかと言いますと、車を分解して、使用できるパーツを売ることで、買い取り業者は利益を得ることが出来るのです。海外では、日本の車が大変人気であることが多く、分解したパーツを売っています。このようなことが出来る為、廃車にする前に、業者に査定してもらう事は、覚えておいても損はしません。

また、車買取可能な業者でも、前者のパターンで高額買取ができるお店と後者のパターンで高額になるお店があります。その辺の判断は、個人では難しいので、買取可能な業者にそれぞれ査定をお願いして決めましょう。