ディーゼル車について

ディーゼル車は、ディーゼル機関を動力として使っている自動車の1つです。 ディーゼル機関を使うことで、シリンダー内でピストン運動をして空気の圧縮されることで膨大なエネルギーを作ることができるでしょう。しかも、熱効率がかなり高いため、低精製された燃料でも十分なエネルギーを出すことが出来るのが特徴で、昔は燃料費がかなり少なくてとても良い車でした。しかし、その分環境汚染となるススなどの粒子状物質が排出されることがわかり、日本ではあまり良いイメージを与えない自動車になったのです。しかも、排気ガス規制のため、多くのディーゼルが消えました。

しかし、現在ディーゼル車は、いろいろなところを改善してクリーンディーゼル車として再登場したことにより、第4のエコカーになるのでは、と言う呼び声も在るくらいクリーンな自動車になりました。ちなみに、海外でのディーゼルの人気は結構高く、なんだかんだで、日本やアメリカなど以外では、人気の自動車でしょう。 このようにディーゼル車があります。現在では改善されて戻って来ましたが、オイルショック時なんかはとても役に立った自動車でした。故に、このように復活したのは望ましいことでしょう。これからの技術向上に期待ですね。