ディーゼル車のデメリットについて

ディーゼル車は、オイルショック時に大きく活躍した自動車ですね。しかし、その後排気ガスの規制により居なくなってしまいました。しかし、色々改善していき、エコカーに近い性能を出すようになったのです。 ディーゼル車の主なデメリットだったのが、排気ガスが汚い、振動や騒音が大きい、遅いなどのデメリットが多くありました。

まず、排気ガスなのですが、当時は排気ガスにススなどの粒子状物質が多く入っており、かなり環境を汚染していったのです。ひときわ黒い排気ガスなため、ディーゼル車が通ったところが黒くなるのもしばしばありました。しかもそれだけでなく、窒素酸化物も排気ガスに入っていたのですが、これがガソリン車と比べると浄化が非常に難しい状態になり悪臭がするイメージを植え付けるようになりました。

このようなデメリットがあり、排気ガスの規制が強化されたのです。次に、燃焼温度のスピードが遅く、すぐに走ることができなく、また振動や騒音問題がありました。 このようなデメリットがありましたが、最近の技術により改善されたことが多くあり、当時よりはデメリットは少なくなりましたね。ですが、クリーンディーゼルになったお陰で、メリットが増えたのは良いのですが、構造が複雑で扱えるところが非常に少ないと言う欠点が出てきました。また、部品費がとても高いデメリットもありますね。まあ、まだ改善の余地はありますので、これからに期待でしょう。