ディーゼルの排気ガスについて

ディーゼルの排気ガスは、昔かなり酷いものでした。コレにより日本から一度消えたと言っても良いデメリットだったです。 昔のディーゼル車は、排気ガスに中にススと窒素酸化物が入っていました。これらにより、排気ガスの規制が出来てしまったのです。

まず、ススですが、これは排気ガスに混入するととても黒い排気ガスになり、その排気ガスに当たると黒くなったりして大変でした。最悪道が黒くなったりして、落とすのが面倒になったのです。そして、問題が在ったのが窒素酸化物の方で、これは普通のガソリン車でもあるものなのですが、ディーゼルから出てきた窒素酸化物は、浄化がほぼ不可能で、浄化してもまた周囲の酸素とくっついて元に戻ると言う決定的でしたね。

この排気ガスにより、排気ガスの規制強化と言う、ある意味でディーゼル車を無くす制度ができ、ディーゼル車は一時期いなくなりました。ちなみに、ススの方はしっかりと自動車の整備などをしていればある程度問題が解決はしたでしょう。 このように昔のディーゼル車は排気ガスがとても汚かったです。まあ、現在のディーゼル車はそれらが改善されて帰ってきた上に、パワーアップしたので安心して使うことができるでしょう。