ディーゼルの規制について

ディーゼル車は、排気ガスなどで規制が厳しくなってしまいました。それが、2009年の排出ガス規制です。コレにより、一時期ディーゼルが使えなくなりました。

基本的にディーゼル車の規制は、ガソリン車よりも緩めの規制であったのですが、規制によりガソリン車並の物となり、排気ガスの中にある粒子状物質及び、窒素酸化物がその規制に該当して40〜65%程度の削減を義務付けられました。この規制は、ある意味でディーゼルのための規制で、当時のディーゼル車利用の人に多くの衝撃を与えたでしょう。

しかし、その後それらの修正をしてクリーンディーゼルとして復帰したのです。規制に引っかかるどころか、エコカーでも良いのではと言う話もありました。ちなみに、一応ディーゼル以外の車も規制により阻まれる形になったのです。多くの自動車が規制をクリアするために改良を重ねて今に至るでしょう。

また、地方によっては規定に引っかかるディーゼルは、走行不可と言うところもあり、本当に規制が重かったですね。 このようにディーゼルへの規制がありました。今現在はディーゼル車が修正されてとても良い自動車になったのです。だから、安心してディーゼル車を利用してくださいね。