クリーンディーゼルについて

ディーゼル車が排気関係を改善して開発されたのがクリーンディーゼルです。これにより、昔から悪影響を払拭することができました。 このクリーンディーゼル車は、その名の通りクリーン、要するに地球に優しい自動車になったのです。上記でも説明したように、排気関係と他にも良くなかった点を改善することで、エコカーに近い性能にすることができるようになりました。だから、とても良い自動車になったのです。

まだ、ある程度改善しないといけない点がありますが、それでも昔の良くなかった点が改善されたのが大きいですね。排気ガスの規制にも引っかからなくなっただけでなく、環境に良い車になったのはとても良いでしょう。しかし、その分コストが高くなったのが問題点として出たのが残念ですね。 ディーゼルは、とても悪い印象を持った車でした。

しかし、クリーンディーゼルが出たことで、悪い印象だった日本も受け入れられる良い自動車として復活したのです。今後更なる良いクリーンディーゼルが出ることを期待したいですね。 このように、ディーゼルがクリーンとして帰ってきたことで、日本のディーゼルへの悪い印象を払拭する形になりました。このままうまく行けば第4のエコカーとして有名になるかもしれませんね。