海外で人気のディーゼル車

ディーゼルは、日本やアメリカなどでかなり悪い印象をしていました。だから、これらの国では発売さえ危うくなったのです。しかしその他の国、特にスペインやフランス何かは、とても人気でした。イタリアやイギリスなどもなかなか人気を保って来ました。ですから、実はディーゼルの人気は一部限定で落ちたに過ぎなかったのです。

ディーゼルは、排気ガス関係で相当悪い印象を与えてしまいました。特に日本なんかは、汚い、うるさいとかなり悪い印象を持つことになったのですが、他の国は違いました。何せ、ディーゼルは燃費がとても良いのが一番の良いポイントで、他にもエンジンが丈夫、砂漠地帯での人気も実際多く在ったのです。だから、実際のところ全体を考えると対して人気は落ちていないということになっているでしょう。

だから、一部国でだけ人気が低下したくらいでした。それからディーゼルの改善をしてより売れるようにして、今のクリーンディーゼルを販売することになったのです。 丈夫ということで、沢山の国で人気だったため、実際の所人気低下はそこまで大きくありませんでした。しかし、改善することで、更にディーゼルの魅力が上がったことは言うまでも無いでしょう。"