フィット



2001年にホンダが発売したコンパクトカー。120万円台からという価格設定でありながら、センタータンクレイアウトの効率的なパッケージに加えて、ハイブリッドシステムを搭載しないガソリンエンジンでありながら優れた低燃費を実現していることが評判となり、2001-2002日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。翌2002年にはRJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞。33年間トップを守り続けたトヨタのカローラを上回り国内の車名別販売台数1位となるなど大ヒット。コンパクトカーのベストエラーとして定着している。ニッサンのマーチ、トヨタのヴィッツとともに、日本のコンパクトカーを代表するコンパクトカーである。

丸いフォルムにシャープな線が走る親しみやすいデザインと9種類をそろえる多彩なボディーカラー。コンパクトカーでありながら広々とした室内に加え、シートアレンジ次第で自転車やサーフボードも運ぶことができるという広いラゲージスペース。ガソリン車で21.0km、ハイブリッド車で26.4kmという低燃費も大きな魅力だ。

現行のモデルの中では13Gというモデルを基本に様々なバリエーションが広がるのもフィットの魅力。スマートキーなど快適装備を加えた13G・スマートセレクション、お肌ケアなど女性を意識したオシャレにこだわったShe’s、1500ccのゆとりとシートヒーターなど快適装備を備えた15XH、エアロパーツを備えたスポーティなRS、使い勝手と環境性能を両立させるハイブリッドタイプにもスマートセレクションとShe’s、RSがラインナップされている。