プリウス

1997年に発売された市販ハイブリッド乗用車の原点ともいえるのがプリウス。ガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせることで、エンジンの不得意な部分をモーターが補い、エンジンを効率よく使うことで画期的な低燃費を実現。ハイブリッドカーという新たなジャンルを切り開き、リッター30km代という高い燃費性能を持ったエコカーの代表として新車はベストセラーを続けており、広く受け入れられている。2003年にフルモデルチェンジをした2代目は、おむすび形が特徴の「トライアングル・シルエット」と呼ばれるスタイリングが特徴。グッドデザイン賞を受賞した。

この2代目を継承する現行モデルは3代目にあたる。2代目と比較してボディサイズが大きくなり3ナンバーサイズになっている。また1500ccだった排気量も1800ccへと拡大し、ハイブリッドシステムも新設計されてさらに効率が向上している。グレードには、Lシリーズ、Sシリーズ、Gシリーズの3つがあり、GとSシリーズには上級オプションパッケージとなるツーリングセレクションが用意されている。

国内の新車販売台数でもここ数年連続してトップを走り続けており、名実ともに日本を代表するハイブリッド車の座にあるプリウス。車内スペースを広げたワゴンタイプのプリウスα、プラグ・イン・ハイブリッドのプリウスPHVもあり、いずれも先進性を感じさせる個性的な外観が強い印象を与え、海外でも多くのファンを獲得している。いまや日本を代表するクルマの一つとして、高い人気を誇っている。