ユーザー車検で必要な書類

ユーザー車検は、自分で車検をすることが出来るシステムです。お店に頼むよりは、多少お金が安く済ませることができますが、その分自分で点検しないといけませんので、結構大変な車検のやり方です。まあ、自分で検査できるようになれば、今後も自分で車両の点検が出来るようになるので、メリットは在るでしょう。

そのユーザー車検は、普通のお店で頼むよりも書類が多いので注意してください。 ユーザー車検は、お店がやってくれることを自分でしないといけません。故に、必要な書類が結構多いです。まず、基本となる車検証と自動車損害賠償責任保険証明証、自動車税納税証明書が必要になるでしょう。他にも、自動車検査票、自動車重量税納付書、継続検査申請書、定期点検整備記録簿が必要になります。これらも当時までに獲得するようにしてください。場合によっては多少時間がかかる場合があるので注意してください。

このようにユーザー車検で必要な書類があります。お店に頼むよりも面倒なことが多いので、よく考えてするようにしてください。それでもやりたいと言う人は、やって物にすると2年後の車検時にも有効活用することができます。ただし、検査が不合格になると合格にならない限り、車検が更新されないので注意してくださいね。